テレビのCMで有名なナイシトール。いかにも内臓脂肪が取れそうな名前ですが、本当に内臓脂肪が取れるのか調べてみました。

調べたことは

1、本当に痩せるのか
2、痩せる効果があるのか
3、痩せる理由は
4、痩せない人がいるのはなぜ
5、痩せる人の特徴
6、下剤という口コミが多い!
6、最安値で購入する方法は
7、もっと痩せる薬(漢方薬)はないか?

1、ナイシトールを飲むと本当に痩せるのか?

やせたひと、痩せなかった人がいます。

(割合のグラフを見せる)

(どこで調べたか書く)
・Twitter
・Amazon

ナイシトールのツイッターの口コミは

まず、いい口コミ

お通じがよくなるという口コミもあります。(下痢になるという口コミもありますが)

次に悪い口コミ

副作用に関する口コミ(下痢)

ナイシトールが痩せる理由

ナイシトールが痩せる理由は2つあります。

1、余分な脂を便と一緒に出す

2、代謝を上げる効果(脂肪を燃やす効果)

1については脂以外も出すという説、まるで下剤という説があります。脂の吸収を抑える効果は無いようなので、下剤という説は正しいと思います。

代謝を上げる効果がないという説もあります。

おくすり110番というサイトに書かれている防風通聖散(ナイシトールの一般名称)
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200130.html

肥満症に用いる漢方薬です。便秘、むくみ、高血圧にともなう肩こりやのぼせを改善します。

どこにも代謝を上げるとは書かれていません。

組成の部分を引用します。

漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。防風通聖散には、“防風”や“麻黄”など病因を発散して治す発散性の生薬を中心に、熱や炎症をさますもの、便通をよくするもの、無駄な水分を取り去るもの、あるいは血流をよくする生薬などがいろいろと配合されています。これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的です。

むくみを解消するので、むくんでいる方は痩せるかと思います。

血流をよくする生薬が配合されているので、拡大解釈すれば、代謝が上がる方もいるかと思いますが、血流をよくする=代謝が上がるは無理があるかと思います。

念のために成分を引用しておきます。

防風(ボウフウ)
黄ごん(オウゴン)
大黄(ダイオウ)
芒硝(ボウショウ)
麻黄(マオウ)
石膏(セッコウ)
白朮(ビャクジュツ)
荊芥(ケイガイ)
連翹(レンギョウ)
桔梗(キキョウ)
山梔子(サンシシ)
芍薬(シャクヤク)
当帰(トウキ)
川きゅう(センキュウ)
薄荷(ハッカ)
滑石(カッセキ)
生姜(ショウキョウ)
甘草(カンゾウ)

知恵袋に次のような回答があります。

昔から、肥満症、便秘、尿量減少、むくみ、のぼせ、肩こりなどに用いられていますが、この薬だけ飲んで、飽食と運動不足を続けて内臓脂肪が減少するかは疑問があります。ただし、便秘には良いみたいですね。

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110970466

痩せる人がいるのはなぜ?

ナイシトールの値段

ナイシトールと同じ成分の薬とその値段